人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タピオカの話

こんにちは。

暖冬よりも冷夏になってくれよ、やれやれ。と余裕をかましていられる程に今年の冬は暖かいですね。

しかし身から凍える寒さをまだ体感していないナアと思っていたところに青梅市ではうっすら積もる程度の降雪がありました。
ここは本当に東京都か?



さて突然ですが、昨年だか一昨年だかから流行った台湾の朝ごはんこと例の黒いブニブニ、またの名をタピオカを、皆さん飲んだことありますか?

私はありませんでした。

まずミルクティー…というか紅茶が嫌いな上、そもそも田舎にはそんなオシャレな店はないし、何より見た目が全然美味しそうではないじゃないですか。

見た目が全然オシャレじゃないのに流行ってるって何?まさか美味しいの?あんなチアシードの炭水化物バージョンみたいなやつが?チアシードってまだ流行ってるの?
(流行り物に何の恨みが?)



というわけで飲んできました。



\ジャジャーン/
タピオカの話_e0413199_13052413.jpg


「タロミルクティー」529円

まさかのホットで頼んでしまったので全然わからない。
失敗した。

いやだってこの日雪だったんだもん!!
コールドなんて飲みたくないよ!!





いざ実食です。





タピオカの話_e0413199_16480627.jpeg
タピオカの話_e0413199_16475518.jpeg
タピオカの話_e0413199_16480627.jpeg
タピオカの話_e0413199_16475518.jpeg


減らない…



このもちゃもちゃタイムがあるので普通の飲み物よりも時間がかかるんですね…。
友達と話しながら飲むのには丁度良さそうです。

しかし、この咀嚼アクションのおかげでこれだけで結構お腹がいっぱいになる上、さすがデンプンのかたまり。
腹持ちが良い。
そしてホットなのでお腹からポカポカ温まる。



こりゃ何もかもめんどくさい時のご飯に良いや…
朝ごはん、納得です。



そして私が頼んだ「タロミルクティー」は、タロイモがどう混ざってるのか全く分かりませんが、イモ、というよりミルク飴のような感じでした。
美味しかったですよ。甘さは控えめの方が良いかもしれません。





結論。
美味しいから飲む、のもありだが、タイムパフォーマンスが良いので効率的に糖分を摂取したい時に良い!

ウィダー飲むより温まるのでタピオカ飲んだら良いんじゃない?





終わり。

by ome3sd | 2020-01-21 13:04 | 日記 | Comments(0)

お正月の話

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和も2年になりました。早いですね。
ついこの前「令和」が発表されたような気がしませんか?

時間が経つのが早い…

小学生の頃って、たかが5分休みでさえ校庭に出て遊ぶ、という時間に対してかなりストロングスタイルだったような気がするのですが…

今や30分自由時間があったところで、遊びを決めて友達を誘って上着を羽織って靴を履き替えて外に出る。なんて絶対に選択しませんね。
断言できます。

今学生だったとしてそんな時間を授業の間にもらったら炊き立てのご飯にバターと胡椒を混ぜて生ハムと一緒に食べます。



おにぎり食べたくなってきた。



さて、三昭堂は三が日お休みとなります。

お正月の話_e0413199_01124463.jpg
今日何も考えずにコンビニへ行ったら普通に営業して普通に主婦さんが働いてらしたので大変ありがたく思いましたが、企業の小売で働いていた身としては、働き方改革もじわじわ浸透してくれることも願います。



そして昼過ぎに勝沼神社というひっそりとした神社へ参拝してきました。

近所に住んでない人にはあまり知られていないのでかなり静かですが、鳥居もありますし、なんなら私の七五三はここ勝沼神社でやった幼き思い出があります。

お正月の話_e0413199_01125222.jpg
色々と思い入れのある神社です。

ちなみにこの少し先には青梅市の数少ない観光地「鉄道公園」や、なぜか飯盒炊飯ができる設備のある「風の子太陽の子広場」、またお祭りをやったりハイキングができる「永山丘陵公園」があります。



余談になりますが…



青梅市は自然くらいしか売りがないにも関わらずハイキングコースというのはほとんどなく、登山できる山を除けば背後にそびえ立つのはガチの山々だけです。

ここのコースは山の間を縫って伸びていて、端まで行くと軍畑(いくさばた)という山と川、そして道路以外には何にもない駅に出まして、その距離約12kmあります。

私は歩いたことがありません。

というか歩いた人を身近で聞いたことありません。

地元民にすら歩かれないハイキングコース、興味があれば是非行ってみてください。



余談終わり。



ほとんど余談になりましたが、終わり。

今年も三昭堂をよろしくお願いいたします。

by ome3sd | 2020-01-01 18:11 | Comments(0)