人気ブログランキング |

映画の話(AKIRA)

こんにちは。
今回はただの映画の感想です。

皆さんは大友克洋さんの漫画AKIRAを知っているでしょうか。

私は小学生の頃に古本屋で父が買ってくれたので読んでた程度だったので、当時の少女漫画脳の小学生女子には「なんだかグロいな〜」って感じだったのですが、大きくなってAKIRA好きな漫画家さんの影響でまた読んでみたら「え、めっちゃ面白いじゃン」と思ったくらい今読んでも馴染む面白さだなあと感じました。

そして年末、立川のシネマシティという劇場で1988年当時映像化したAKIRAの極音上映が行われたのです。

え、観るしかないじゃン

はい、観てきました。

公開初日の土曜日は「そんなとこ人座ってるの見たことない」って席にまで予約が埋まってて底知れぬオタクたちの執念が見てとれて軽い恐怖でした。
そんな執念、私、持ってない…って。

なので当日は誰にも迷惑をかけない通路面の席を取り、自分の気配を80%カットし、忍者のように息を殺し道端の石ころになって鑑賞してきました。

なぜここまで心掛けるのかというと「こんな昔のサブカル映画を一人で見る女の私、すごいでしょ」みたいな偏見の目で見られるのが嫌だからです。
(偏見がすごい)

なんなら「新参です」たすきをかけて鑑賞したかったくらいです。



映画はというと、めっちゃくちゃカッコいい。
バイクのエフェクト、何あれ、すごい。
1988年?嘘でしょ?今年の最新作アニメだよね?
ラストに至っては凄すぎて正直よく覚えてないのでもう一回観たい。

語彙力が小学生並みになさすぎて我ながら残念です。

あとは、終始建物とか機械がドカーンとかボカーンとかいってるのでかなり爽快でした。
あんななっても友達って言うのめっちゃ良いよね。

…ごめんなさい新生児並みの語彙力でしたね、訂正します。



ただ、うろ覚えながら結構主要人物だと思っていたおばあちゃんがモブすぎて雑魚の死に方をしていったので「あれ?」と私が思ったくらいなので信者の方は不満なのでは…とその当事者の一切部外者にも関わらずハラハラと心配してしまいました。

なので原作知らない方が何も不満なく素晴らしい状態で観れるのかもしれないなあと思いました。

映画自体は本当に凄い。
もう一回映画館で観れば良かった。

きたる2020年ネオトーキョーに4KリマスターのBlu-rayが出るそうです。
これは楽しみですね。

終わり。

# by ome3sd | 2019-12-30 02:27 | 映画 | Comments(0)

クリスマスの話

こんにちは。
あっという間に冬がやってきましたが、皆さんは体調お変わりないでしょうか。

我が家はすでにインフル疑惑を二人ほど輩出しましたが、店主に板藍茶とシベリア霊芝を浴びるほど飲まされ、事なきを得ました。
なお内一人は病院に診断にも行っていませんし、私はずっと元気です。

…読解力テストのようになってしまいました。



さてそんな三昭堂のディスプレイも冬仕様になりました。

クリスマスの話_e0413199_20165814.jpeg
クリスマス〜。

クリスマスの雑貨って一年を通してもダントツかわいいですよね。
友人がドイツに行ったときの写真を見せてくれたのですが、さすが本場、すっごくかわいくて今後ドイツに行くなら絶対に冬が良いな!と思いました。



クリスマスの話_e0413199_20170633.jpeg
クリスマス仕様のシルバニアも。
かわいいでしょう。

輸入シルバニアを売ってる店が少ないのでなかなか見つからないのですが、昔お台場のショップでパンダの双子の赤ちゃんを買ってからというもの、パンダの家族を集めたいな〜とずっと思ってるんですよね。
売ってるお店があったら教えてください。



三昭堂でもついにPayPayのお支払いの方が数名いらっしゃいました!
いつもご利用ありがとうございます。

お支払いしてる人を見てると、ずいぶんスマートでカッコいいですよね。
私はSuica信者なのですが、だんだんPayPayが使えるお店の方が増えてきていて、時代の流れの勢いに圧倒されています。

Suicaもっと頑張れ!(`_´)



終わり。

# by ome3sd | 2019-12-18 20:45 | Comments(0)

意外となんてことない話

こんにちは。

電車に乗っていると、他人の会話を聞いてしまう派です。
昔は面白い話をしている人がいたら携帯にメモをしてそれをまた友人に話す「ネタ泥棒」をしていました。

この前、隣に座っている女子高生が「ひとりで帰るのって本当に嫌」と話していて、ひとりで帰るのが嫌、な感覚が今の私の中には無いことに気が付きました。

確かに中学生の頃ってそんなに仲良くない子と帰った覚えがあって、話すこともそんなにないもんだからお互い猛スピードで自転車を漕いで、いつもなら20分かかる通学路を10分くらいで帰ったんですよね。
そんなことなら一人で気楽に帰った方がラクだわ。

でも当時の私は一人で気楽に帰ることより誰かと帰ることを選んだんですよ。
一人で帰るのが嫌だから。

多分そういうのが大丈夫になったのって大学生の、しかも後半です。
新入生の頃は周りがもう友達もどきを作ってるのに一人でご飯を食べるのとか、一人で新入生ガイダンスを受けてる自分が情けない気持ち、というのがあったように思います。

授業が始まれば自動的に前後の人と仲良くなるから心配しなくて良いよ、と当時の愚かな私に教えてあげたいものです。

大学生の後半には周りの明るいグループのことを、つるんで楽しそうな素振りをしていないと死んでしまう病にでも罹っているのかな?と思うまでに性格が歪んでいたので、就職先でも同期と全然仲良くなれませんでした。
当たり前である。

「誰かと帰らないと」
という義務感から
「誰かと帰った方が楽しいけど一人でも充実して帰路を過ごせる」
に変わったように思います。

「帰路」が「ご飯」「映画」「展示会」に替わっても同じ。

こういうことで若い子の話と今の私を比べてみると、大人って自由だなと思うし、あの頃は世界の大半だったこともなんてことない、小さなことだったりするんですよね。

もう〜戻りたくない。

終わり。

意外となんてことない話_e0413199_00100284.jpeg

# by ome3sd | 2019-11-10 23:31 | 日記 | Comments(0)

都会が怖い話

こんにちは。
先日、好きな漫画家さんのフェアが開催されるにあたり、今回限定の手作りグッズも出るという熱い、いやもう熱すぎるイベントが始まったのですが、場所が代官山。

だ、代官山て、あの、オシャレな、あの…?(情報過疎)

しかも調べたら、渋谷から巡回バスに乗るのがラクそうな経路。

し、渋谷て、あの、若者の、あの…?(田舎者)



以前別の作家さんの個展をやると聞いてウキウキ情報を見たときの開催場所が渋谷のギャラリーだったときの絶望を思い出しました。

一人で渋谷の、しかもなんか入りにくそうなビルの3階とか無理寄りの無理。と思った当時二十歳そこそこの、根暗なために個人的な趣味のものに友達を誘えない私は泣く泣くその個展を諦めたのでした。

くう〜渋谷が憎い!

いやでも私ももう大人だし、一人で映画とか観れるし、なんなら池袋とか中央線沿いなら一人で行けるし………え、行けるんじゃない、渋谷?



…というわけで降り立ったのですが、結果といえば、ま〜自分が根っからの「陰」でありチキンであることを再認識させられただけでした。

渋谷で見た光景といえば、まず人口の多さもそうですけど、平日の昼間だというのに若者が3〜4人でガードレールに腰掛けてお話ししていたりですとか、また「そこ絶対登っちゃ駄目なものじゃない?」と田舎者なら思いがちである路上の配電盤のボックスの上に鎮座ましまして携帯をいじっているフードを深くかぶった男性とか。

そして私はいわゆる「交番の前を通るときに緊張してしまう人」なんですけど、そのときと同じ緊張感で街を歩いてる感じ。
なんなら恐怖感すらある。
渋谷、こわい。

誰だよ池袋なんかと渋谷を並べた阿呆は…



そして代官山は、というか代官山の蔦屋は、何あそこ?異国?

私なんかが踏み入れてはならない外観に、内装に、取り扱い商品に、客層に、店員さんに、てもうあんなに一瞬たりとも落ち着かない本屋なんて初めてだよ!!!と帰りのバスで怒り狂い降車ボタンを連打しそうになりました。

つまりオシャのかたまりでした。

※オシャ…お洒落

しかもグッズも前日サイン会があったためにほとんど売り切れ…欲しかったサコッシュとスタンプはまた生産するかも分からないとのことでした。



正直泣いた。



そしてもう一つ、レジにいた店員さんがオシャレ・小顔・鮮やかな赤リップの美人さんだったがゆえの弊害。

これは一部しか共感を得られないと思うんですが、美人で綺麗な鮮やか赤リップのオシャレな都会の女の人も、渋谷の若者と同じような恐怖感というか、うまく喋れなくなっちゃうんですよね。

美人は絶対初対面の人の悪口は言わないという偏見がありつつ、且つ、一客のみすぼらしさなんて気にも留めないと分かっている…分かっているにも関わらず…私の中の男子中学生が現れる…みたいな。

そのとき、グッズの詳細を聞いた際にサイン本のことも聞けば良かったんですよ。
なのに男子中学生だからキョドッて聞けなかったんですよ。
「Twitterで、サイン本を数冊置いていってくれたって見たんですけど、まだありますか?」って、ただそれだけのことだったんですよ。

こんな、こんな街でぶらぶら散歩できる気がしない…と逃げ去るように代官山、ひいては渋谷を去り、帰宅しその日の夜。



Twitter@代官山蔦屋

「昨日置いていって下さいましたサイン本ですが、まだあります!」


いや
あ ん の か い ! ! !



orz



グッズ聞いたときに察して聞いてよ…と店員さんを恨むのは流石に私のワガママ…

神無月一、いや令和元年一ショックでした。
ショックすぎて、ここ二年くらいメンタルが安定しすぎてストレス免疫が下がっていたところだったのでまさに
「こうかは ばつぐんだ!きゅうしょに あたった!」
って感じ。

こんな…こんな些細なことでこんなに落ち込むのかと思うくらい落ち込んでその日はもうTwitterを開けなかった。



しかもどこまでも愚かな私は、渋谷には前々から行きたかった渋谷城があったことを寝る前に思い出し、またもや後悔の念を渋谷に残してしまったのでした。

悔しい。もうしばらく渋谷には行けない。(悔しさを思い出すので)



終わり。

あ、そういえば代官山蔦屋、観光バスが停まって中国の人が外装の写真を撮りまくっていたんですけど、中国で有名なのかな?


都会が怖い話_e0413199_16252217.jpeg

# by ome3sd | 2019-10-29 22:00 | 日記 | Comments(0)

歯の話

こんにちは。

インドカレー屋でミルクティーを頼んだらチャイが出てきた、これは如何ともしがたい。意見求む。
みたいなことを書いてるブログを読んでから「ああ、ブログって何書いても自由なんだな」と思ったので私もどうでも良いことでも書きますね。

パフェを食べに行った記事の中で歯の治療をしていると書きましたけど、そもそも小さい頃から行っている歯医者さんの予約があまりにもとれなくて、仕方がなく別のある歯科医院にて硬いものを噛むとたまに銀歯になっている歯のあたりが痛む、という話をしたところ「見た目は何ともないので一度銀歯を開けてみないと分かりませんね」と言われた際、銀歯を開けたくないと思った私はこれまた別の歯科医院にてセカンドオピニオンを求めた。

結果、銀歯はやはり開けられることになったのだった。

痛む理由は銀歯の中で虫歯が進行していたのか、はたまた未だ歯肉に埋もれ陽の目を見ない親知らずが左顎を圧迫しているのかは分からない。しかし銀歯の中が少し削られたことを見るに多少は虫歯が進行していたのかなと思う。

と思う、というのも、詳細を聞いていない。聞けば良かった。

セカンドオピニオンといっても、もしファーストとセカンドが治療に際し同じ意見・思想を持つ医師だった場合あまり意味がないなと思うが、それを言い出したらセカンドオピニオンの存在意義もないな、とも思う。

話は元に戻るが削ってもらった後は銀歯を新しくしてもらった。
今までハマってた被せ物は十数年間そこにハマり続け、想像するに数億回も咀嚼に使われたものだから、歯から外す際に粉々に砕け散ったためである。
まあ、砕け散っていなくても新しくなっていただろうけど。

しかし、その新しい被せ物が、なんていうか、平らなんですよね。
今までのが表面が本物の歯っぽくザラザラ…ボコボコ?凹凸が本物みたいに付けられていたのに対して、ツルツル、平ら。
今時はこういうのが流行りなのか、技術の問題なのかがよく分からない。

やっぱり小さい頃から行ってる歯医者さんに2ヶ月後になっても良いから待つのが良策だったなと思いました。



以下そんな私のトラウマエピソード。(本題)

歯の話_e0413199_13505881.jpeg


終わり。

# by ome3sd | 2019-10-11 14:27 | 日記 | Comments(0)